テーピングの巻き方

テーピングはスポーツ選手などがよく行なうものであり、ケガの予防や再発の防止などに役立ちます。また、リハビリテーションにも使用されます。

サイトトップ > テーピングの目的と効果

スポンサードリンク

テーピングの巻き方

テーピングの目的と効果


スポーツなどで行なわれるテーピングの主な目的は、傷害の予防や応急処置、そして再発防止などです。テーピングを行なうことによって、関節や筋肉の傷害部分を保護し、強化することができるのです。


傷害の予防のために行なうテ―ピングは、実際のゲームや練習の前に施され、ケガなどを事前に防ぐことを目的としています。例えば、テ―ピングにより可動範囲外の動きを制限することで、余計なケガから免れることができます。


故障した箇所を持っている選手などは、テ―ピングによって痛みを和らげたり、テープが人工靭帯や人工腱の保護にもなります。


また、テーピングをすることによって、選手たちのケガに対する精神的な不安がなくなるため、競技に集中することが出来るようになります。


もしも、ゲーム中または練習時に選手がケガをした場合には、それに対する応急処置としてテーピングが施されることがあります。


一般的には、先ず10〜20分程度、痛めた部位を氷で徹底的に冷やします。そして痛めた部位が腫れている場合は、テーピングを施して、その部位を圧迫します。こうして出血や腫れを最小限にくい止めるのです。


また、再発防止のためのテーピングは、以前ケガをした選手が再び同じケガを繰り返さないために、あらかじめ施されるテーピングです。


さらに、リハビリテーションの段階においてもテーピングが施されるのが一般的です。リハビリテ―ションにおいて、テーピングはその補助的な役割を担います。つまり、リハビリテーションの段階でテ―ピングを行なうことで、関節や筋肉の早期回復を補うことができるのです。


テーピングの巻き方

MENU



スポンサードリンク